レディー

美白化粧品がおすすめなワケ【悩みを生まないスキンケア術】

ビタミンCを安定化させる

婦人

肌にいいビタミンC

ビタミンc誘導体とは、ビタミンCを美容に良いように人工的に改良させたものです。ビタミンCには美白や抗酸化作用がありますが、非常に不安定で壊れやすいため、化粧品に配合しても時間が経つと効力が低下してしまいます。ビタミンCをそのまま肌に付けても肌に浸透しにくく、美白効果を発揮できません。ビタミンc誘導体という状態にして肌に付けると、皮膚への浸透力が高まり、皮膚の中でビタミンCになって美白効果や抗酸化効果を発揮できるようになります。ビタミンc誘導体には水溶性と油溶性、その両方の性質を持つものがあります。水溶性は水に溶けるため化粧水や美容液に多く配合されています。油溶性のものはクリームに多く入っています。

様々な美容効果

ビタミンc誘導体の効果は他にも、過剰な皮脂の分泌を抑える働き、新陳代謝を促す働きがあります。また、皮膚のメラニンに働きかけて、出来てしまったシミやそばかすを薄くする効果があります。皮膚の生成を促す効果もあるため、しわやたるみの軽減や抑制効果も見込めます。このように多くの美容効果がビタミンc誘導体にはあるため、配合されている化粧品は多くなっています。ビタミンc誘導体の入っている化粧品を使う際の注意点は、皮脂の分泌を抑制をする働きのため、乾燥肌の人にはあまり向かないということです。乾燥肌の人が使う場合は、保湿力を高めたものなど、他に乾燥対策をしっかりした化粧品を使うことが必要になる場合もあります。