女の人

美白化粧品がおすすめなワケ【悩みを生まないスキンケア術】

乾燥を防ぐスキンケア

美容液

乾燥はしわ、たるみ、くすみなどの肌老化の原因になるので、保湿効果が高い化粧水を使ってケアをすることが大切です。化粧水のあとに美容液を使って栄養をあたえ、その後にクリームで肌を整えるのがスキンケアの基本です。

忙しい現代女性の救世主

美容液

1本で化粧水や乳液など様々な役割をするオールインワンゲルですが、成分は商品によって微妙に異なっています。選ぶ時には自分の肌質に合ったものを選びましょう。また、化粧時間が短い、リーズナブルなどの特徴があるオールインワンゲルには、美肌効果も高いという利点があります。忙しい現代女性には強い味方と言えます。

ビタミンCを安定化させる

婦人

ビタミンc誘導体とは、ビタミンCを美容効果が充分働くように安定化させたものです。皮膚に浸透しやすくなり、美白効果やしみそばかすの抑制、新陳代謝を促す効果などがあります。皮脂の分泌を抑える効果もあるため、乾燥肌の人は注意が必要です。

季節ごとの美白ケア

女の人

春夏の美白ケア

紫外線量が増え始めるのが4月頃からですから、しっかりと春先から紫外線対策を行って、肌をダメージから守るようにしましょう。シミを増やしてしまう紫外線は通年のケアが重要ですが、特に紫外線量が増える春先から夏の終わりにかけては徹底したケアが重要です。その上で、シミやくすみを改善してくれる美白化粧品を使うのがおすすめです。メラニンが作られやすい季節ですから、紫外線を受けてしまうと新たなシミが作られてしまいます。それを表面化させずに透明感のある肌でいるためにも、美白化粧品で毎日ケアしていくのは予防にもなります。また、春は季節の変わり目で肌が荒れやすいですから、低刺激な化粧品でのケアがおすすめです。夏は汗をかきやすく毛穴の開きも気になりますから、ビタミンC誘導体配合のものが向いています。

秋冬の美白ケア

紫外線量が少なくなってくる秋は、肌が揺らぎやすい季節です。夏の紫外線によるシミが表面化しやすいですから、敏感な肌でも使える美白化粧品でしっかりお手入れをしていきましょう。また、ターンオーバーの乱れによって肌がかさつきやすいですから、角質ケアを取り入れるのがおすすめです。そして、乾燥しやすい冬は保湿重視のケアをしましょう。乾燥した肌では美白化粧品も浸透しにくいですから、肌の潤いを高めるケアがおすすめです。秋冬は紫外線の少ない季節ですから、メラニンも作られにくくなります。美白は必要ないと思われがちですが、美白成分の効果が発揮されやすくなりますから、夏のダメージをしっかりと回復させて、シミやくすみを改善するのには絶好の季節です。